2017年2月10日金曜日

収支公開 2017

2017総会にて了承されました2016年決算書・2017年度予算を公開いたします。
(予算書は、表のあたりを2度押すとテキストを拡大できます)










2017年度支出の部 事業費の内訳は
→総会懇親会20万、両大本山WS40万、徒弟研修50万、交流派遣20万

なお、総会当日の監査報告は水野克彦(Rev.Kokugen Mizuno)が行いました。 役員改選の結果、第2次 田宮SZIは全員同じスタッフです。


【補足事項から抜粋】

・事務局長ご自坊についに印刷機が入ったため、外注が少なく済んでおります。
・両大本山WSの△は講師変更にともない、永平寺のご厚意により市街での宿泊等が不要になったため。

・繰越金/予備費の額が100万以上となるのは、会計年度の〆時期と納入される時期の年のずれがあり、使い切ってしまいますと上半期の定例総会やWSまでの会議費が捻出できないためです。

・徒弟研修にたいする感想が非常によいため予算を少し追加しました。行政の似たような国際交流企画と比べると、少しお高く感じるかもしれませんが、5人程度の少数精鋭で内容も国ではできないものであろうと思います。昨年は航空券を早めに買うなど工夫をしたため、参加者負担の実費についても、評価していただきました。(SZI会計の中に出てくる徒弟研修の費用は、引率者に支払っている数字です)
・新たに追加されている交流派遣は佐藤慧真のドイツ普門寺等についてです。

以上


2016事業報告・2017事業計画については、短信発送をおまちください。